1. トップ >
  2. ご案內 >
  3. 參議院事務局の障害者差別解消対応要領

參議院事務局における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領について

1.対応要領制定に至る経緯

我が國では、國連の障害者権利條約の締結(平成26年1月)に先立つ國內法整備の一環として、障害者基本法改正(平成23年8月)、障害者総合支援法制定(平成24年6月)、障害者雇用促進法改正(平成25年6月)などとともに平成25年6月に障害者差別解消法が制定されました。

障害者差別解消法は、障害者基本法の基本的な理念にのっとり、全ての國民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社會の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的としています。また、障害者差別解消法においては、國の行政機関の長が、それぞれ、対応要領を定めることとされています。

障害者差別解消法の目的である障害を理由とする差別の解消の推進は、參議院事務局においても積極的に取り組むことが望ましいことから、參議院事務局においても同法の趣旨を踏まえた「対応要領」を制定し、平成28年4月1日に施行しました。

なお、制定に當たっては、國民の皆様からいただいた御意見を踏まえております。

障害者の方々を始めとする多くの國民の皆様の參議院へのアクセスの向上のため、今後も不斷の見直し、改善を行ってまいります。

2.対応要領

3.參考資料

対応要領のホームページ掲載に併せて國會參観や傍聴などの各種情報をまとめました。

(1)國會參観及び傍聴の御案內

現在、參議院事務局では障害者の方の會議傍聴や國會參観に當たり、以下の取組を行っています。

【傍聴について】

  • 手話通訳者又は要約筆記者の同伴が可能です。
  • 事前の申出をいただければ、參議院事務局から手話通訳者又は要約筆記者の派遣を依頼いたします。
    (費用は參議院事務局が負擔します)
  • 身體障害者補助犬の帯同が可能です。
  • 主な委員會室において難聴者補聴システムを整備しています。
  • 本會議場に車いす用の傍聴スペースを、委員會室に車いす対応可能な傍聴スペースを設置しています。
  • 車いすの貸出しを行っています。
  • 車いすやつえを用いた方への手助けなど、障害の狀況に応じた配慮を行います。
  • オストメイト対応の多機能トイレを整備しています。

【參観について】

  • 點字パンフレットの作成?配付をしています。
  • サービスロビーにおいて觸察用國會議事堂模型(點字解説文を貼付)を展示しています。
  • 參観ロビーにおいて觸察用國會議事堂模型及び觸察用參議院議場模型(いずれも點字解説文を貼付)を展示しています。
  • 參観ロビーにおいてギャベルと議席のレプリカ(いずれも點字解説文を貼付、車いす用議席も設置)を展示しています。
  • 身體障害者補助犬の帯同が可能です。
  • 參観における手話、筆談、読み上げ等の対応を行っています。
  • 車いすの貸出しを行っています。
  • 車いすやつえを用いた方への手助けなど、障害の狀況に応じた配慮を行います。
  • 參観ロビー等にオストメイト対応の多機能トイレを整備しています。

國會體験?見學(傍聴、參観についての詳細はこちらを御覧ください)

(2)請願書の提出について

請願書の提出(詳細はこちらを御覧ください)

(3)參議院へのアクセス(周辺地図?交通案內)

 參議院の參観?傍聴受付は東京メトロ有楽町線?半蔵門線?南北線永田町駅1番出口より南へ150m、千代田線?丸ノ內線國會議事堂前駅1番出口より北へ350mにあります。都営バスご利用の際は橋63系統の國會議事堂前停留所で下車し、西へ200mです。

 參議院議員會館に來訪される場合、參議院議員會館の障害者用駐車スペースが利用できます(5臺)。

參議院の周辺地図
●東京メトロ
路線名 最寄り駅 地下鉄出口番號 出口から參議院別館
受付までの距離
備考
有楽町線 永田町駅 1番出口 約150m 車いすを御使用の方は5番出口からお越しください。
(參議院別館まで約500m)
半蔵門線
南北線
千代田線 國會議事堂前駅 1番出口 約350m 車いすを御使用の方は2番出口からお越しください。
(參議院別館まで約450m)
丸ノ內線
●都営バス
路線名 停留所 停留所から參議院別館
受付までの距離
橋63系統 國會議事堂前 約200m

(4)障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律について

障害を理由とする差別の解消の推進
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai.html (內閣府のホームページにリンクします)

4.各種問合せ先

電話:03-3581-3111(參議院大代表)

【參観の問合せ先】

參議院事務局警務部參観係
(電話)03-5521-7445
サービスホン(テープによるご案內)
(電話)03-5512-3939
(電子メール)[email protected]
  • ※なお、添付ファイルは受け取れませんのでご注意ください。
  • ※參観の問合せメールアドレスは、障害者及びその関係者のための問合せ専用アドレスです。

【傍聴の問合せ先】

參議院事務局警務部受付係
(電話)03-5521-7444
※手話による傍聴を希望される方は、事前にご相談ください。
サービスホン(テープによるご案內)
(電話)03-5512-3939
(電子メール)[email protected]
  • ※なお、添付ファイルは受け取れませんのでご注意ください。
  • ※傍聴の問合せメールアドレスは、障害者及びその関係者のための問合せ専用アドレスです。

【職員による障害を理由とする差別に関する相談窓口】

參議院事務局庶務部人事課
(電話)03-5521-7496
(ファクシミリ)03-5521-0067
(電子メール)[email protected]
  • ※なお、添付ファイルは受け取れませんのでご注意ください。
(郵送)〒100-0014 東京都千代田區永田町1-11-16
    參議院事務局庶務部人事課
    「職員による障害を理由とする差別に関する相談窓口」まで

【その他參議院に関する問合せ先】

參議院テレホンサービス (平日の午前9時から午後5時)
(電話)03-3581-3100
(電子メール)[email protected]
  • ※なお、添付ファイルは受け取れませんのでご注意ください。

ページの先頭に戻る

亚洲精品国产免费无码